広島県道路公社

お問い合わせ

設立

 広島県道路公社は、有料道路の整備を総合的かつ効率的に行うことにより、県内の一般国道や県道などの交通の円滑化を図り、住民の福祉の向上と産業・経済の発展に寄与するため、昭和56年に設立されました。
 当公社では、高速性・定時性が求められる路線、バイパス整備により渋滞緩和が求められる路線、島しょ部の大規模な渡海橋を計画している路線から、事業効果、採算性などを検討し、事業化しています。

設立団体 広島県
設立年月日 昭和56年3月30日
基本金 63億2千5百万円(出資者 広島県)
(内訳) 広島熊野道路建設資金 24億7千5百万円(昭和61~平成2年度)
安芸灘大橋有料道路建設資金 38億5千万円(平成9~11年度)


業務の内容

  

これまでのあゆみ



組織

  (平成29年5月1日現在)

役員 理事6名(理事長1名、常務理事3名、理事2名(非常勤))
   監事2名(非常勤)
  
職員 22名  


財務状況


 このページの先頭へ



公社概要

ページのトップへ戻る