【日本語】/【English】
平成27年 安芸灘大橋見学会 (広島大学留学生等)平成27年12月11日(金)実施 見学者32名

広島大学の「Taoyakaプログラム」の一環として、土木技術を学ぶためにやってきた留学生等が、
安芸灘大橋で行っている長大橋の点検技術等について見学しました。
見学会の主な流れ  写真(クリックすると拡大します。)
概要説明
管理事務所で、模型を使い、安芸灘大橋の
概要説明をしました。
  
 
主塔見学
主塔の頂上に登り、航空障害灯、ケーブル防食
システムなどを見学しました。
   
   
 
アンカレイジ
見学

ケーブルの定着部、乾燥設備用のテントハウス
などを見学しました。
  
 
ドローン実演 ドローンを使った、近接して見られない部分を
点検する新技術について見学しました。
  
 



安芸灘大橋をもっとよく知りたい!
     



このページを閉じる